スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)

 米中戦略経済対話のための訪中前に急きょ来日を決め、滞在約4時間の強行日程をこなしたクリントン長官。岡田外相は共同会見で「東アジアの不安定性が顕在しつつあり、日米同盟の重要性が増している。重要かつ時宜を得た会談だった」と評価した。政府は北朝鮮問題などで日米同盟の重要性を強調し、抑止力としての米軍の役割をアピールすることで、普天間問題の早期決着に理解を求める狙いがある。

 一方、米国にとっても、北朝鮮やイラン問題を抱える中、日米同盟がギクシャクし続ける事態は避けたい。クリントン長官は「米国は日本の防衛に強い決意を持っている」と強調し「基地のある地域へのインパクト(影響)を最小限にとどめたい」と沖縄の負担軽減に配慮を示した。

 ただ、首相の再訪を23日に控え、沖縄や社民、国民新両党の「日米合意先行」に対する反発は強まる。「『辺野古周辺』は撤回してほしい。首相は『県外、国外』を実行すべきだ」。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は21日の会見で訴えた。社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長も同日、官邸で平野博文官房長官に会い「地元や連立3党の合意なく日米共同声明を行うことは認められない」と主張。国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は講演で「『県外、国外』を含めて今後とも米国と交渉すべきだ」と反発した。

 政府は28日にも普天間問題に関する対処方針を発表する構えだが、21日に外務省であった日米審議官級協議は、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古周辺」と明記するかなど、日米共同声明の内容を巡って合意に至らず、調整は継続中だ。

 クリントン長官は「米軍の運用条件を満たし、政治的にも実現可能な解決策を見つけたい」と語ったが、地元や連立与党の合意がなければ「政治的に実現可能」な条件を満たすことは困難。普天間決着は肝心の足元が定まっていない。【野口武則、西田進一郎】

JR新車両から部品落下(産経新聞)
口蹄疫 各地に余波…風評被害が最大の懸念(産経新聞)
福井新聞記者を逮捕=複製DVD販売で―福井県警(時事通信)
皇居ランナーが自転車と接触、女性軽傷(産経新聞)
民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
スポンサーサイト

民主・三宅氏、松葉杖で本会議に登場し、また転倒(産経新聞)

 衆院内閣委員会の採決時の混乱で転倒して右ひざなどを強打し、国会に車いす姿で現れた民主党の三宅雪子衆院議員が、13日、国家公務員法改正案の採決が行われた衆院本会議場には、松葉杖を使って入り、移動中につまずいて転倒する場面があった。

 民主党は、採決時の録画映像などをもとに甘利明元経済産業相らが、別の民主党議員を押したため、玉突きで三宅氏を転倒させたと判断。「悪質な暴力行為」として懲罰動議の提出などを検討している。

 衆院本会議でも取り上げられ、民主党の村上史好氏が「昨日、(自民党議員が)三宅議員に暴力行為を行った。まさに言語道断の行為だ」と抗議。これに対し、自民党の小泉進次郎氏は「暴力は一切なかった」と全面否定した。

【関連記事】
小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に
採決時に混乱 “小沢ガールズ”三宅氏が転倒
小沢氏、大物かつぎ出し成功で剛腕健在も…“人寄せパンダ”と批判の声
小沢チルドレンが本音激白「選挙の鬼」「ちょっと失望」
小沢ガールズ初登院…午前3時一番乗りは三宅雪子氏
少子化を止めろ!

ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談-鳩山首相(時事通信)
普天間「迷走」も有意義? =首相(時事通信)
大久保元秘書、午後に聴取=小沢氏処分近く協議-陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)

生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表(産経新聞)

 名古屋市で10月に開かれる国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で主要議題になる世界の生態系の現状について、条約事務局は10日、1970(昭和45)年から野生の脊椎(せきつい)動物が3分の1失われたなどとする報告書を発表した。報告書はこうした現状をふまえ、「今年(2010年)までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させる」とした02年設定の国際目標は達成できなかったとしている。

 アフリカ・ナイロビで、同日始まったCOP10の会合に合わせて日本を含め世界12カ国で発表された。

 報告書は世界各国からの報告に基づきまとめた「地球規模生物多様性概況」第3版。それによると、1970年から36年の間に野生の脊椎動物(魚類、両生類、爬虫(はちゆう)類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類)の数が平均約3分の1減り、その傾向は継続していると指摘。特に森林伐採や開発などの影響で熱帯地域では59%、淡水域では41%減少するなど状況は深刻という。

 さらに、評価が終了した4万7677種のうち2%の875種が絶滅、1万7291種(36%)が絶滅の恐れにあるとしている。特にサンゴや両生類は絶滅の危機に直面しており、両生類は42%の種で、鳥類は40%の種で個体数が減少。植物の種の23%が絶滅に瀕(ひん)しているという。

 生態系の評価のために設定した21の指標のうち「生物多様性にとって重要な地域の保護」など一部で改善した項目はあったが、世界的に達成された項目はゼロだった。報告書は、生物多様性の恩恵を将来にわたって受けるには今後10~20年の取り組みにかかっているとしている。

 10月のCOP10ではこの報告書の評価に基づき、2010年以降の目標を決める。

【関連記事】
多様性保全法案、環境副大臣と市民団体が意見交換
ケージ周囲に電気柵も トキ襲撃問題で検証委
白川郷の自然と文化、学びながら保全 トヨタ
ツシマヤマネコ、佐世保市動植物園に移送へ
EU、条件付きで取引禁止支持 大西洋クロマグロ、日本さらに厳しく

「いったい何をしに来た」説明不足に沖縄怒り(読売新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
としまえん 「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う-栃木(時事通信)
夏日 兵庫・豊岡29.4度 和歌山・白浜は海開き(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターひろしみしま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。