スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)

 日本の近代批評を確立した評論家・小林秀雄(1902~83年)が、晩年の大作「本居宣長(もとおりのりなが)」について行った講演の未発表音源が、東京の国学院大に残されていることが25日、分かった。

 小林の思索の到達点といわれる同書の成立過程を示す貴重な資料だ。

 江戸中期の国学者・本居宣長の人と思想に迫った同書は、1965年6月から11年半の間、文芸誌「新潮」に連載。講演は、連載開始から間もない同年11月に国学院大で行ったもの。講演会の開催は全集の年譜に明記されているが、内容を記録した資料は残っていなかった。

 同大の石川則夫(のりお)教授(近代文学)が以前、同大の日本文化研究所に録音テープが保管されているのを見つけ、昨年、小林の講演集のCDを出している新潮社に連絡。講演内容が公表されることになった。

 講演で、小林は宣長を中心に、中江藤樹(とうじゅ)、荻生(おぎゅう)徂徠(そらい)ら儒学者の生き方にも触れ、「今日では言葉が軽んじられ、事実を学んで知ろうとばかりしている」との趣旨で、現代の学問のあり方への疑問を語っている。

 石川教授は「小林が連載初期に何を考えていたかが分かる貴重な資料。内容も、宣長の学問の成り立ちや性質に深く踏み込んでおり興味深い」と話している。

 講演はCDの形で4月に新潮社から発売される。

アメリカンなヤシ並木誕生へ 福生市(産経新聞)
<薬物殺人>元民生委員と元介護士を容疑で再逮捕…大阪府警(毎日新聞)
<不適切資産運用>新潟・愛知農業共済連に報告命令 農水省(毎日新聞)
<生活保護>「車所持で申請却下は違法」と枚方市を提訴(毎日新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
スポンサーサイト

NHK、地デジ共同受信設備への助成を拡充(読売新聞)

 NHKは25日、地上デジタル放送の難視聴世帯に対する助成制度を4月から拡充すると発表した。

 対象は全国約6万世帯で、総額約26億円となる見込み。

 NHKは昨年4月から、難視聴地域の住民が共同で受信設備を新設・改修する場合の助成制度を開始。今回は、地域の世帯数が少なく、1世帯当たりの負担が重くなる場合の助成額を上積みする。さらに、ケーブルテレビなどへ移行する世帯の助成要件を緩和する。

<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表-大阪地裁(時事通信)
自民、きょう国会審議復帰へ…世論の批判に配慮(読売新聞)
自民、佐藤ゆかり氏ら公認(スポーツ報知)

「引退後は農業やりたい」=鳩山首相(時事通信)

 「この世界から足を洗ったら、農業をやりたい」-。鳩山由紀夫首相は21日、都内で開かれた「こども食料セッション」で、政界引退後の夢の一端を明らかにした。
 首相は席上、食料自給率向上についての小学生の質問に答え、「都会の人たちも農業の大切さを知ることは大事だ。みんなが前向きになることが自給率を必ず上げることになる」と強調。これに続き、引退後の「農業宣言」が飛び出した。
 ただ、首相は偽装献金問題をめぐり野党から厳しい責任追及を受けているだけに、「すぐに(政界から)足を洗うということではない」とも述べ、進退問題に絡められないよう予防線を張った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
産後ケアの運動体験=都内を視察
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相

火災 2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬(毎日新聞)
北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】母性への共感 ゆるぎない絆と生命力(産経新聞)
ハイチ大地震 政府がPKO実施計画を閣議決定へ(産経新聞)
<衆院本会議>予算委員長解任決議案を否決(毎日新聞)

不審死・大出さん、端緒のブログに追悼相次ぐ(読売新聞)

 東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41歳)を殺害したとして逮捕された木嶋佳苗被告(35)が22日に拘置期限を迎え、さいたま地検は殺人罪で起訴する見通しだ。

 大出さんの遺体発見から200日。事件直前に木嶋被告の存在をほのめかした大出さんのブログには、事件後に1900件を超える書き込みが寄せられている。

 〈このブログはトマちゃん(大出さんの愛称)の生きた証〉

 〈模型造りのマイスターであると同時に優しい人柄で尊敬してました〉

 事件後も残る大出さんのブログには、仲間たちからのコメントが絶えない。

 軍事プラモデルのコンテスト受賞歴もある大出さんは、作品をネットで販売するほどだった。プラモデル仲間の男性(47)に「大きな賞をたくさん取って箔(はく)をつけて、売れるプラモデルを作るのが夢。万人受けするモデルを作りたい」と熱っぽく語ったという。

 大出さんは事件前、ブログにつづった。〈結婚したらしばらく模型は無理でしょうけど、パワーアップしていつか必ず復活します〉

 夢をあきらめてまで結婚を真剣に考えている、と仲間は受け取った。捜査関係者によると、大出さんは母親に「いい人ができた」「結婚するかも」と打ち明けていた。

 昨年8月6日朝、埼玉県富士見市の駐車場に止めた車の中で、大出さんの遺体が発見された。助手席で練炭をたいた跡があったが、捜査員はブログに注目。

 〈トマちゃんは婚活中。今日、相手のご家族と会う〉〈今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます〉

 約20時間前の大出さんによる書き込みだった。

 「こんな書き込みをする人が自殺するはずがない」。埼玉県警は交際相手の木嶋被告をマーク。殺人容疑での立件に向けて動き出した。大出さんの思いが、木嶋被告の存在を浮かび上がらせる“ダイイングメッセージ”になった。

 〈このブログがなければ、事件は闇に埋もれるところだったのでは〉〈この日記も一つの証拠になるはず〉

 事件後、こんなメッセージも書き込まれている。

「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者(時事通信)
【書評】『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く』(産経新聞)
石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)

<雑記帳>盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)

 主な仕事の内容は「日本舞踊、邦楽の習得。お座敷実習」。盛岡芸者の見習い3人を募集する異色の求人票が18日、盛岡公共職業安定所に出された。

 「芸の質が高い」といわれる盛岡芸者。明治、大正には100人以上が市内の料亭などで歌や踊りを披露していたが、今では、50~70代の5人のみ。伝統の継承を危ぶむ声も市民から出始めたことから、盛岡市が求人に乗り出した。

 年齢不問だが、業務の性質上望ましいのは18歳以上の女性。月給約14万円、県外からの応募も可能で、26日に面接を行い選考する。未曽有の就職難の昨今、芸は身を助くとなるか。【山中章子】

【関連ニュース】
雑記帳:あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社
雑記帳:バレンタインデーに京漬物を
雑記帳:節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん
北野をどり:芸舞妓29人、衣装合わせ--来月25日から /京都
慰問:お年寄り…うっとり 京都から芸妓ら訪問--下関市のはまゆう苑 /山口

島根の遺体遺棄、平岡さん情報に300万円(読売新聞)
「もったいない」で地球守ろう=マータイさん、原爆資料館視察-広島市(時事通信)
<仙谷国家戦略相>事務次官廃止、引き続き検討(毎日新聞)
税制改革議論の3月開始には慎重 官房長官「タイミングは微妙」(産経新聞)
<ホッキョクグマ>引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)

スキーで衝突、2人死傷=中級者コースで-北海道(時事通信)

 14日午前10時ごろ、北海道赤井川村のスキー場「キロロスノーワールド」で、スキー中の名古屋市千種区猫洞通の無職小島泰則さん(67)と、神奈川県藤沢市宮前の会社員中谷俊彦さん(53)が衝突した。2人とも病院に運ばれたが、小島さんは頭などを強く打ち、死亡が確認された。中谷さんは頭の骨を折って重傷だが、命に別条はないという。道警余市署が事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】バンクーバー冬季五輪
山スキーの4人発見、自力下山=1人は病院へ
富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー
理事選任無効判決で控訴へ=全日本スキー連盟
スキー事故、高崎市課長死亡=コース移動中に転落

自治体とタッグ、コンビニ進化 住民票の写し提供/アンテナショップ併設(産経新聞)
名護市長が鳩山首相と会談 普天間飛行場の辺野古移設、反対を強調(産経新聞)
五輪スピード 高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
【党首討論】実母資金提供「誠に申し訳ない」と首相謝罪(産経新聞)
宮内婦貴子さん死去(時事通信)

<ハウステンボス>HISが支援決定(毎日新聞)

 大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)の再建問題で、旅行業大手のエイチ・アイ・エス(HIS、東京都新宿区)は12日朝、HTBを経営支援することを決めたと発表した。同日午後、同市で会見する。

【関連ニュース】
ハウステンボス:支援機構の活用検討 国交相
ハウステンボス:HISが管財人に「再建支援難しい」
HIS:ハウステンボス支援に慎重姿勢 株主総会
ハウステンボス:HISが支援に名乗り 管財人と協議へ
ハウステンボス:恒例の年越しイベントに1万5000人

<インフルエンザ>患者報告数2週連続で減少(毎日新聞)
天下り14法人に公募要請=厚労省(時事通信)
東京スカイツリー、300m到達(読売新聞)
<首都圏・雪>首都高新都心線で一部通行止め(毎日新聞)
町工場の「技」世界へ バンクーバー五輪、国産リュージュで入賞狙う(産経新聞)

【党首討論】北教組事件「企業団体献金の全面禁止、今こそする時がきた」鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日の党首討論で、自民党の谷垣禎一総裁から、北海道教職員組合による違法選挙資金事件を質され、「企業団体献金の全面禁止は、今こそする時がきた」と述べた。

【関連記事】
カンパを裏金化? 北教組幹部宅も捜索
ここが変だよ北教組 日の丸、君が代なし
北教組資金提供 小林議員「まったく存じ上げず」
「組織として調査する」北教組書記長、家宅捜索で
北教組家宅捜索 日教組の牙城、突き上げ放題 

「出る台」教え特別背任容疑…パチスロ店元幹部(読売新聞)
「検察捜査で明らかに」小沢氏、政倫審に慎重(読売新聞)
子供の親権条約加盟、米が日本に要求(読売新聞)
伝統行事に「動物虐待」の声=文化財指定の当否判断へ-多度大社「上げ馬神事」(時事通信)
過失致死容疑 マイケル専属医を訴追(産経新聞)

<脱税容疑>ペット業者が5000万円 ネットで販売展開(毎日新聞)

 インターネットでペットを販売する「Coo&RIKU(クーアンドリク)」(東京都足立区)が約1億8000万円の法人所得を隠し、法人税約5000万円を脱税した疑いがあるとして、同社と大久保浩之社長(31)が東京国税局から法人税法違反容疑で東京地検に告発されたことが分かった。

 関係者や同社ホームページなどによると、同社は全国三十数カ所でペットショップを経営するとともにインターネットで犬や猫を販売し、航空機やトラックで顧客に配送。こうした売上金の一部を除外して05~07年の3年間で法人税約5000万円を免れた疑いがある。同社は毎日新聞の取材に「検察の調べがある可能性があり、今の段階では答えられない」と話すが、既に修正申告したとされる。

 民間信用調査会社などによると、同社は大久保社長が99年に埼玉県草加市に開設したペットショップが前身。ペットの写真と値段をネット上に掲載するなどして売り上げを伸ばし、06年の売上高は19億6000万円。

 ペットのネット販売を巡っては、動物愛護団体などが「生きている動物の販売方法として適切ではない」として購入しないように呼び掛けるキャンペーンを展開している。【石丸整】

【関連ニュース】
GWG買収:韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検
防衛脱税事件:秋山被告の公判が結審 3月29日に判決
旧GWG:企業買収の仲介脱税事件 公認会計士逮捕へ
ビル売却脱税:暴力団組長を起訴 東京地検特捜部
脱税:容疑の社長ら逮捕…名古屋地検

がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
上野動物園 パンダ復活で街も復活…人気回復の切り札に(毎日新聞)
4月10日に一部運休=羽田空港結ぶモノレール(時事通信)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
次官から部長降格も 公務員法改正案を公表(産経新聞)

民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し(産経新聞)

 民主党政権下では初の診療報酬改定案は、同党の衆院選マニフェスト(政権公約)や行政刷新会議の事業仕分けの結果を色濃く反映した。中央社会保険医療協議会(中医協)から、自民党の有力支持団体だった開業医中心の日本医師会(日医)の代表委員を排除し、民主党寄りの委員に差し替える荒療治も行った。ただ、「日医排除」が夏の参院選に与える影響を懸念する党内の声も強まり、開業医にも一定の配慮をするかけ声倒れともいえる決着となった。(桑原雄尚)

 「(診療報酬総額の)10年ぶりプラスという歴史的な作業に感謝したい」

 中医協総会での長妻昭厚労相の表情は明るかった。隣に座る足立信也政務官ら厚労省政務三役が主導し改正案をまとめたからだ。

 厚労政務三役は開業医の再診料引き下げに反対した日医の代表委員3人を更迭し、民主党寄りの地方医師会幹部らに交代させるなど“病院重視シフト”を完成させた。事業仕分けでの「開業医の優遇是正」を受け、年末の予算編成では、診療報酬の増額分の大半を病院が担う入院診療に充てることも決めた。

 ただ、急進的な病院優遇策には党内で反発も出て、昨年11月には慎重派が議員連盟を発足。今春の日医会長選への出馬を表明した茨城県医師会の原中勝征会長とも連携し圧力をかけた。

 開業医再診料の大幅引き下げを狙った厚労政務三役だったが、党側の要求を受け入れ、引き下げ幅は20円となった。さらに、引き下げ分を取り戻すことができる再診料の加算報酬(30円)の導入も決めた。

 日医幹部は「開業医全員が取れるような緩い要件にしてほしい」と、開業医再診料引き下げの骨抜きを狙う。圧力に妥協するのか厚労政務三役の姿勢が問われることになる。

【関連記事】
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申
診療報酬22年度改定 「明細書」で分かること
開業医と病院の再診料、690円で一本化 中医協
明細付き領収書の無料発行、中医協が義務付け了承
救急病院の軽症患者から特別料金徴収も 診療報酬改定の骨子

航空機座席の検査記録ねつ造=小糸工業に業務改善勧告-国交省(時事通信)
小沢氏が鳩山首相と会談(産経新聞)
手渡しによるおれおれ詐欺が増加 警視庁が緊急会議(産経新聞)
<仙台・経営者強殺>別の殺人容疑で4人を逮捕(毎日新聞)
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田-ソウルの全日空便(時事通信)

石川議員の離党を了承=民主(時事通信)

 民主党は15日午後の常任幹事会で、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員の離党を正式に了承した。石川議員は11日に代理人を通じて小沢氏に離党届を提出していた。石川議員は無所属で活動する。
 常任幹事会では、欠席した小沢氏に代わり、輿石東参院議員会長が石川議員から離党届が提出されたことを報告。本人の意向を尊重するよう求める小沢氏の伝言が紹介され、異論は出なかった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)
無理心中図り妻を殺害=法務局統括登記官を逮捕-大阪府警(時事通信)
京大病院でダイナマイト騒ぎ=500人避難、実は女性用下着-京都(時事通信)
3年間で1万5000個 ビアだる窃盗容疑(産経新聞)
赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」(J-CASTニュース)

<上野動物園>パンダ復活で街も復活…来園者回復の切り札に(毎日新聞)

 上野動物園の「パンダ復活」の背景には、深刻な来園者の減少がある。リンリンの死を受け、08年度の来園者は前年度から60万人近く減り、約290万人になった。年間来園者が300万人を割り込んだのは60年ぶりで、70年代のピーク時の半分以下に落ち込んだ。

 動物園としての集客数は全国トップの座を維持しているものの、旭山動物園(北海道旭川市)には年間来園者数で十数万人差まで迫られている。「来園者数を回復する切り札はパンダしかない」との声は強まっていた。

 田畑直樹・副園長は「園内の提案箱に『パンダがいなくてさびしい』との声が数多く寄せられていた。さっそくパンダを受け入れる準備を始めたい」と話す。パンダ飼育の再開を求める署名活動をしてきた上野観光連盟の茅野雅弘事務総長は「パンダは上野のシンボル。不景気で商店街の元気がなくなっているが、明るい話題になる」と喜んだ。

 国内では現在、神戸市立王子動物園(神戸市)で2頭、動物公園「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で7頭のパンダが飼育されている。

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
上野動物園:パンダ飼育へ 11年にも中国から受け入れ
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で
婚活:動物園でも課題 高齢化の壁、お年ごろ奪い合い
アジアゾウ:「はな子」誕生日、国内最長老の63歳 特製ケーキ贈る

公務員法、閣議決定見送り=降格規定に総務相が異論(時事通信)
「日本国籍者に限定を」 参政権問題で国家基本問題研究所が提言(産経新聞)
<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
大学病院の診療報酬「劇的に改善する」―鈴木文科副大臣(医療介護CBニュース)
田村参院議員に民主入り要請=小沢氏(時事通信)

小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)

 1月23日、約4時間半にわたる最初の任意聴取を終え、記者会見で身の潔白を訴えた民主党の小沢一郎幹事長。その隣にいたのは小沢氏側が付けたとされる衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告(36)の弁護人だった。小沢氏の立件を視野に入れ、石川被告らから供述を引き出そうとする「最強の捜査機関」。これに対し、小沢氏側は“実力派”で知られる弁護士が連日接見に訪れ、石川被告らを強力にサポートし、両者のギリギリの攻防は起訴直前まで続いた。

 「簡単には自供させられないかもしれないな」。ある検察幹部は石川被告に付いた弁護人の名前を聞き、懸念を示した。石川被告の弁護人となったのは、オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚や山口県光市の母子殺害事件の被告らの主任弁護人を務め、死刑廃止運動を先導する“人権派”の安田好弘弁護士だった。

 さらに、石油卸会社「石橋産業」をめぐる巨額手形詐欺事件や泉井石油商会脱税事件などを担当した検察OBの木下貴司弁護士が選任された。両者の間での意思疎通はないとされ、“異色の弁護団”となったが、徹底抗戦の姿勢は同じだ。

 公設第1秘書の大久保隆規被告(48)にも、検察OBと、小沢氏の秘書だった弁護士が付いた。

 対する特捜部は、ベテランの吉田正喜副部長が複数回、石川被告の取り調べに当たったほか、逮捕された3人の中でもっとも口が堅いとされる大久保被告には、途中から大阪地検特捜部で容疑者を自白に追い込む“割り屋”として知られる検事を投入するなど総力戦で臨んだ。

 水谷建設元幹部らが石川、大久保両被告に渡したと供述した計1億円の裏献金について厳しく問いただし、吉田副部長は「証拠は十分ある」と詰め寄った。

 一方、昨年3月の西松建設の違法献金事件で大久保被告が逮捕された際には「秘書の犯罪」として見送られた小沢氏本人の聴取についても、今回は事件の性質が異なるとして、2度にわたり行われた。

 計約7時間半にわたり、小沢氏と対峙(たいじ)したのは、副部長の下で事件をまとめる主任検事の木村匡良検事。当初は副部長を起用することも検討されたが、昨年4月から継続して捜査にあたり、政治資金規正法に精通していることから抜擢(ばってき)されたという。

 石川被告らは容疑内容については認めたものの、小沢氏の積極的な関与については否認を貫いており、法廷でも小沢氏をめぐり激しい攻防が続くことが予想される。

【関連記事】
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

下水処理水を輸出=中東などの農・工業用-空荷のタンカーで輸送・国交省検討(時事通信)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
鳩山首相「重い十字架背負うのは辛い」(産経新聞)
ビジネス誌通じ投資募る=無登録勧誘のカレー会社-警視庁(時事通信)
東京メトロ丸ノ内線、全線で運転再開(産経新聞)

労働安全衛生法違反容疑で2業者書類送検(産経新聞)

 大田労働基準監督署は4日、労働安全衛生法違反の疑いで、荷役業「中村荷役」(大田区)と、同社の事業部次長の男(47)を書類送検した。

 同署によると、事業部次長は平成21年7月30日、大田区の港に係留中の船の冷凍倉庫で、男性作業員=当時(58)=が天井クレーンと積み荷の間に挟まれて死亡する事故が起きた際、事故を予防するための監視人を現場に配置しなかった疑いが持たれている。

 また、品川労働基準監督署は4日、建設業「三和重機」(江戸川区)と、同社のクレーン運転士の男(36)を同容疑で書類送検した。

 同署によると、男は21年7月10日、目黒区の小学校の耐震工事現場で、クレーンで最大荷重(3・14トン)を超える約3・7トンの鉄製のかごをつり上げる作業を行った疑いが持たれている。作業中にクレーンのアームが折れる事故が起きたが、けが人はなかった。

<田村参院議員>民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談(毎日新聞)
西成で連続不審火(産経新聞)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(4)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
診療明細書、全患者に無料で…10年度義務づけ(読売新聞)
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品(医療介護CBニュース)

ほぼ全滅の建物 住民はたくましかった ハイチ援助隊、看護師が報告会(産経新聞)

 「建物はほぼ全滅状態だったが、ハイチの人たちのたくましさを感じた」。死者が20万人を超えたとされるハイチの大地震で、国際協力機構(JICA)を中心とする日本の国際緊急援助隊医療チームに参加した大阪府豊中市の看護師、中井隆陽(たかよ)さん(43)が大阪市内で帰国報告会を開いた。「限られた資材で、すべての人を助けられないジレンマもあった」と活動を振り返り、今後の支援も呼び掛けた。

 中井さんは平成7年の阪神大震災当時、阪大病院に勤務。「どう対応してよいのか皆がわからない状態で治療や看護にあたったことをきっかけに、国際協力の道を志すようになった」という。これまでに青年海外協力隊や、17年のパキスタンでの地震では国際緊急援助隊にも参加。今回は「阪神大震災と重なり、ご縁を感じた」と援助隊に応募した。

 中井さんら25人の援助隊は地震発生3日後の1月16日に日本を出発。首都ポルトープランスの西40キロの町、レオガンに外国人の医療チームとして初めて入り、看護学校で診療活動を始めた。

 余震もたびたびある中、日本から持参したカップラーメンやアルファ米などを食べながら診察にあたった。「看護学校の生徒が自主的に、診療の手伝いや通訳をしてくれ、治療方法を熱心に学んでいた」といい、すぐに手当てが受けられず数日たってから訪れる患者が多く、下痢や脱水症状の子供も治療した。

 また「患者は診察の順番をきちんと並んで待っていた」と報告し、「暴動などが大きく報じられたが、支援に入った町の人たちは比較的落ち着いていた。ハイチの人たちには自分たちで問題を解決していく力があると感じた」と振り返った。

 中井さんらは18日から8日間、のべ534人の患者を現地で診察。自衛隊の緊急医療援助隊に活動を引き継ぎ、29日に帰国した。

 被災地を離れる際、看護学校の教師に「日本が最初に来てくれたことを一生、忘れません」と感謝された。中井さんは「これからもハイチの人たちを見守ってもらいたい」と呼び掛けた。

橋下知事「府市再編後の庁舎はWTC」(産経新聞)
覚せい剤所持で海自隊員逮捕=新幹線内に置き忘れ-愛知県警(時事通信)
<将棋>名人戦 順位戦A級3日(毎日新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)
主流派vs知名度…日弁連会長選、初の再投票(読売新聞)

クレヨンしんちゃん 最終回を掲載 臼井儀人さん死去で(毎日新聞)

 漫画家の臼井儀人さんが09年9月の死去前に描いた最後の「クレヨンしんちゃん」が5日発売の「月刊まんがタウン」に掲載された。「しんちゃん」は90年に連載が始まり、今回の第1126話が最終回となった。同誌編集部は続編を検討中。テレビアニメや映画は今後も製作される予定。

【関連ニュース】
注目リリース:バンダイナムコ、DS用ソフト「クレヨンしんちゃん」の早期購入者特典を発表
埼玉県:観光サイトでアニメのカルトクイズ 「らき☆すた」など
クレヨンしんちゃん:臼井儀人さんの遺稿発見 連載3カ月延長
「しんちゃん」作者・臼井さん、不慮の死=佐藤雅昭
ジェロ:初主題歌に「しんちゃんのお陰」 「オタケベ!カスカベ野生王国」初日舞台あいさつ

木嶋被告が運転、大出さん昏睡まで時間稼ぎか(読売新聞)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
山崎前副総裁 自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
米国務次官補が小沢氏に訪米を要請(産経新聞)
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札(時事通信)

五輪招致活動報告書が判明 知事、61委員と交渉 深い関係築けず(産経新聞)

 2016年夏季五輪招致で、昨年10月のIOC(国際オリンピック委員会)総会でリオデジャネイロに敗れた東京都の招致活動報告書の概要が1日、判明した。招致失敗の原因に言及する一方、石原慎太郎知事が招致期間中に個別に面会して支持を訴えたIOC委員が計61人(全世界で107人)に上ったことなど、短期間で広範囲な活動を展開したことなどが盛り込まれている。

 報告書概要は、2日に開かれる東京五輪招致委員会の理事会で示される。報告書は約500ページ。招致活動が詳細に記されており、都が招致期間中に国際スポーツ会議に計20回(16カ国)、国際競技大会に計20回(13カ国)など、すべての主要国のスポーツイベントに参加していたことなどを明記している。

 一方、報告書は敗因についても言及。世界の国際スポーツ団体(計33団体)の中で、日本人の会長が1人もいないことや、国際的な影響力が他国に劣っていたこと、投票権を持つIOC委員と深い関係を築くことができていなかった点などを厳しく指摘した。

 将来的な五輪招致をにらんだ今後の対策としては、積極的にあらゆる国際スポーツ大会を招致し、各国の有力者やIOC委員を招くことなどを挙げている。また、招致関係者によると、招致経費の最終的な決算については、2日の理事会での報告を見送る方針。景気低迷の影響で寄付金が予定より7億円程度不足した分を補う大手代理店との“値引き交渉”が終了していないためで、今月下旬に始まる都議会定例会まで調整を続けるとしている。

「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対-亀井担当相(時事通信)
<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず(時事通信)
<将棋>谷川、三浦が首位 追う郷田ら4人 A級順位戦(毎日新聞)
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札(時事通信)

タービン静翼の酸化腐食が原因=エアインディア機のエンジン部品落下-運輸安全委(時事通信)

 2008年9月、成田空港を出発したエアインディア機(ボーイング747-300型、乗客乗員182人)のエンジンが損傷し、破片が落下したトラブルで、運輸安全委員会は29日、低圧タービンの静翼が内壁面からの酸化による腐食で破断し、隣接する動翼などを次々と破壊したことが原因とする調査報告書を公表した。
 エンジンメーカーの米ゼネラル・エレクトリック(GE)は06年6月、航空各社に外側だけでなく内壁面も酸化防止処理した静翼への交換を勧めていたが、時期は定めていなかった。エアインディアは、この部分の整備を同年2月に済ませたばかりで、交換しておらず、安全委は「時期を明確にし、早期の交換を推奨することが望ましかった」とした。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
貨物船、護衛艦の進路で衝突=関門海峡事故の画像公表

照明弾を発射された漁船、弾痕?20か所(読売新聞)
【中医協】「公聴会の意見、中医協に反映を」(医療介護CBニュース)
美由紀容疑者が円山さんを川に誘導…鳥取連続不審死 同居の男が証言(スポーツ報知)
【中医協】NICUの退院調整加算など新設(医療介護CBニュース)
カーナビに事件現場登録=月決め駐車場を行き先に-木嶋容疑者、下見か・埼玉不審死(時事通信)

2次補正今夕成立 亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾(産経新聞)

 参院予算委員会は28日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席し、7兆2千億円規模の追加経済対策を盛り込んだ平成21年度第2次補正予算案に関する締めくくり質疑を行った。午後に与党などの賛成多数で可決。その後の参院本会議に緊急上程され、雇用保険法改正案など関連2法案とともに今夕に可決、成立する見通しだ。

  [フォト]開会前、菅財務相と鳩山首相が話すそばで亀井氏はぶ然

 首相は答弁の中で、米軍普天間飛行場の新たな移設先について「覚悟を持って5月末までに閣議で決める。米国、沖縄県民、連立与党に理解を求めて結論を出す」と述べ、閣議決定する考えを明らかにした。

 予算委に先立つ理事会では、亀井静香郵政改革・金融相が27日の答弁で、野党のやじに対し「うるさい」と発言したことをめぐり、野党側が謝罪と議事録削除を要求したため紛糾。午前9時の予定だった開会は1時間近くずれ込んだ。

 平野博文官房長官は予算委冒頭で「閣僚の不穏当な不規則発言に伴い運営上迷惑をかけた。深く陳謝する。以後十分に注意する」と謝罪。簗瀬進委員長も「閣僚が答弁の中で不規則発言をすることは慎しんでほしい」と注意を促した。亀井氏の発言は議事録から削除することになった。

 2次補正予算案の成立を受け、29日に首相の施政方針演説など政府4演説、2月1~3日に各党の代表質問を衆参両院で行う。与党は5日から22年度予算案の実質審議をスタートさせ、2月中に衆院を通過、年度内に成立させる方針だ。

【関連記事】
また法的決着発言 平野氏に「安保の重み」
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
首相、参院選後の省庁再編検討 子ども家庭省設置も 2次補正きょう成立
「税務上の問題」浮上、相続や納税…相次ぐ疑念 小沢氏の土地購入

<延岡市長選>首藤正治氏が再選(毎日新聞)
中学生、塾代が過去最高=公立校18万8000円-不景気でも伸び・08年度調査(時事通信)
研究費を業者にプールか=教授ら総額1億円、国税局指摘-山口大(時事通信)
2次補正予算が成立(時事通信)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
プロフィール

ミスターひろしみしま

Author:ミスターひろしみしま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。